最近は酔っ払いが増えている傾向にあります。
酒は体に害しか与えないのに何故酒飲みが増えているのでしょうか?

siteinfo
一番の理由は、どうやら皆でワイワイやるのが楽しいからみたいです。
では一体どのようなシーズンに酒飲みは多いのかを少し探ってみます。

入園式

子供が無事に幼稚園に入れたことを祝って酒飲み仲間が集まり幹事を決めて場所取りをして宴会を開きます。
入園式は4月ですから、その時期になると酔っ払いが多いかもしれません。

花見

花見は美しい花を見ながら男女大人数でお弁当を食べてお酒を飲みます。
花が綺麗だと自分の自制心とは関係なくドンドンお酒が入っていくことでしょう。
従って飲み過ぎて最悪の状態を引き起こしてしまうのです。
花見のシーズンは基本3月になります。

卒業式

卒業式は子供の勇姿が見られる場所です。
両親は凛々しい姿を見てしまうと自分の意思とは関係なく涙がこぼれてしまいます。
この感動を肴に浴びるようにお酒を飲んでしまうこと間違いないかもしれません。

入社式

一人前の大人になった証とされています。
これから同僚や上司と仲良く働いていく為に上司が場所取りをしてれるのです。
そして、これから付き合っていく同僚や上司と囲んで食事をしながら日本酒や焼酎などを次々と空けてしまうので酔っ払ってしまう事間違いありません。

送別式

送別式は今まで勤め上げてきた会社を退職するのを機に同僚たちが開いてくれます。
そして、しんみりとした雰囲気になってしまい泣いてしまうのを酒の力で誤魔化すのでベロベロになるまで飲み続ける事でしょう。

info

入園式から紹介してきましたが、どれもこれも比較的4月・3月が多いです。
男女問わずに酔っ払いが多くなるシーズンは3月と4月になるでしょう。
あまりにも仲間同士などで盛り上がり程度が過ぎるのも分かりますが度が過ぎてしまうと病気で命の危険性が危ぶまれますので、ほどほどにしないといけませんね。
なので十分に気を付けて下さい。

更に度を越してしまうと命の危険性が危ぶまれるだけではなく他人にも迷惑を掛けてしまうかもわかりません。
陽気になって店の主人を殴ったり大声を出してメニューを注文したり他人の席に割って入っていき説教を説いたりしかねません。
そればかりではなく家庭があれば時間を忘れて良い気持ちに浸っていると帰宅時間が遅くなり家庭の崩壊にも繋がってしまいます。
そのような面でも気を付けないといけないのです。
ですから他人に迷惑を掛けず時間を確かめながら付き合いましょう。